PMDD(月経前不快気分障害)とは?

生理前のPMS・PMDDって??

PMS 年齢,PMDD 年齢,PMDD とは,月経前不快気分障害,PMDD 薬,生理前 死にたくなる,PMS PMDD 違い

 

 

生理前の時期になると、
イライラや気分の落ち込み
むくみや便秘などで困っている。。。

 

 

そういった女性って
とっても多いんですよね?

 

 

実は、生理前の時期の
PMS・PMDDの症状を
感じたことがある女性って
生理のある女性の8割以上
だといわれているんです。

 

 

そんな生理前のつらい
PMS・PMDDって年齢とともに
悪化する疾患ってご存知でしたか??

 

 

PMS・PMDDは年齢とともに悪化する!?

 

 

生理前のつらいPMS・PMDDって
実はまだ原因やメカニズムって
はっきりとは解明されていないんです。

 

 

ですが、
生理前の時期だけに症状が
発症するので生理をコントロール
している女性ホルモンの影響を
受けると考えられているんです。

 

 

そして、
生理前のPMS・PMDDの症状が
発症する時期に分泌量が増えるのが
黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

 

 

ですので・・・

 

 

黄体ホルモンの乱れが
PMS・PMDDの原因に関係して
いると考えられているんです。

 

 

でも、PMS・PMDDは
黄体ホルモンだけではなく
卵胞ホルモン(エストロゲン)
という女性ホルモンも関係
していると考えられています。

 

 

というのも、
このPMS・PMDDは別名
「30代中期症候群」とも
呼ばれるんです。

 

 

そして30歳頃をピークに
減少してゆくのが卵胞ホルモン
なんです。

 

 

つまり、
卵胞ホルモンの減少が
PMS・PMDDに深く関係していると
考えられるんです。

 

 

そしてさらに、
PMS・PMDDは30代以降
エストロゲンの減少に伴い
年齢が上がる毎に悪化する
疾患と考えられています。

 

 

実際にPMS・PMDDの女性は、
40代・50代に入るとエストロゲンの
減少によっておこる更年期障害の
症状がひどくなるという研究データも
存在します。

 

 

ですので、
生理前のPMS・PMDD症状は
年齢とともに悪化するので、
なるべく早めに改善する事が
重要なんですよ!!